道新メディカルガイド

メディカルガイドドクターイラスト

 

北海道新聞メディカルガイドの連載記事「いきいきゼミナール健康と医療」

気になる健康と医療について、わかりやすく解説する情報ページです。

北海道新聞メディカルガイドの連載記事「いきいきゼミナール健康と医療」のWEB版ページです。

女性の閉経後のホットフラッシュや気分の落ち込みやイライラについて、矯正歯科治療の健康面から精神面での影響、肛門からの下血と血便の違いや隠れた病気についてなど、気になる健康と医療について、専門のお医者さんや医療ライターが、今の医療の情報をわかりやすく解説しています。

いきいきゼミナール

統合失調症
 <統合失調症とはどのような病気ですか>  ないものをあるように感じたり、現実とは異なることを現実だと思い込んだりする幻覚や妄想などの症状と、働く意欲が湧かない、他人と話をするのが苦手でおっくうになり、不登校・出社拒否、ひきこもりなど自分の世界に閉じこもってしまう症状が特徴的な病気です。
>> 続きを読む

急増するトコジラミ被害
<保健所などに寄せられるトコジラミの被害や相談件数が増えていると聞きますが>  韓国やフランスなどでの大量発生が報道され、注目を集めているトコジラミ。社会問題となり、国を挙げて駆除対策に乗り出しているようです。  トコジラミは、実はシラミではなくカメムシの仲間です。南京虫(ナンキンムシ)とも呼ばれます。茶褐色で羽がなく、成虫は5ミリほどです。主に夜間に寝ている人の血を吸います。刺されると、激しいかゆみを伴う発疹を引き起こします。
>> 続きを読む

ぜんそくにおける呼気一酸化窒素測定
 <ぜんそくの検査で、呼気一酸化窒素測定とはどのようなものですか>  呼気一酸化窒素測定とは、専用の機械に向かって10秒間ほど息を吐いてもらい、その中の一酸化窒素(NO)の濃度を測定する検査です。  NOは「NO合成酵素」によって産生されます。NO合成酵素は神経細胞や血管内皮細胞などのほか、気道内にも存在します。気道内のNO合成酵素は、主に気道内にアレルギー性の炎症がある時に活性化し、NO合成酵素が活性化すると呼気中のNO濃度が高くなります。
>> 続きを読む

次回いきいきゼミナールコラムWEB版掲載は 1月13日土曜日の予定です
次回いきいきゼミナールコラムWEB版掲載は 1月13日土曜日の予定です ●次回の北海道新聞紙面メディカルガイド企画 いきいきゼミナールコラムは2024年1月12日金曜日紙面掲載予定です WEB版での掲載は翌日1月13日土曜日に反映される予定です ※北海道新聞紙面「道新メディカルガイド、 およびいきいきゼミナールコラム」は 2024年1月より第2週目、第4週目の月2回の掲載となります
>> 続きを読む

塩分を減らそう!
  高血圧などにつながる塩分の取り過ぎは、年代にかかわらず気を付けたいことです。厚生労働省は2024年度からの国民健康づくり計画「健康日本21(第三次)」で、約十年かけて一日当たりの食塩摂取量を現状の10.1グラムから、7グラム未満に引き下げる目標を掲げています。
>> 続きを読む

冬の乾燥は気管の大敵〜乾燥とせき、加湿器の話〜
冬に長引くせきについて教えてください  冬は空気が乾燥する季節です。湿度が低い環境では、さまざまな感染症を引き起こすウイルスの活動が活発になります。また、空気が乾燥すると、感染を防ぐ人体の働きが低下します。
>> 続きを読む


北海道新聞紙面「いきいきゼミナール健康と医療」過去記事

いきいきゼミナールイラスト

北海道新聞メディカルガイドの「いきいきゼミナール健康と医療」連載紙面にて

これまで掲載された新聞紙面のバックナンバーです。(Jpeg画像)

見逃した企画等があればご確認いただけます。